福岡で医学部を目指す生徒が予備校で勉強をする際のポイント

重要なのは、授業の前に予習をしておくこと

やみくもに勉強をしていても合格するのは難しい医学部に進学するには理系科目で高得点をとることが必要重要なのは、授業の前に予習をしておくこと

そこで重要なのは、授業の前に予習をしておくことです。
しかし復習だけでも大変なのに、予習までしている時間はないという人もいるでしょう。
その場合は、特に難易度が高い分野に関してだけでも予習をしておくと良いです。
たとえば、数学が苦手な人がつまずきやすい分野としてベクトルが挙げられます。
方向を意味する矢印を計算で用いることが直感的に理解しにくいからです。
数学では図形の問題が多いため、そちらの分野としてだけ捉えてしまうケースが多々あります。
同様に証明の問題を苦手とする人もたくさんいます。
点数の配分が大きいので、それらを落としてしまうのは大きな痛手です。
他の問題より時間がかかってしまうため、テストのペース配分を狂わせる原因にもなります。
これらは問題を多くこなして、解法のパターンを習得することが大切です。
予習をして授業を受けても、やはり理解できない場合もあるでしょう。
そのときは分からないまま帰るのは良くありません。
ほとんどの講師は授業が終わった後に、生徒からの質問を受け付けています。
順番待ちになることも多いですが、その日のうちに疑問点を解消していおくのが望ましいです。
医学部への進学を目指すなら、効率的に勉強を進める大切さを理解しなければなりません。
できるだけ不明な点を残さないことがそのための基本です。

医学部 予備校 福岡医学部受験予備校メディカルラボ